両建ての意味


2020/10/07 両建て 

両建てって意味あるの?

ずっと両建ては無駄と感じていた。異銘柄なら分かるが、同じ銘柄の買いと売りを持つなんて愚の骨頂。手数料とスプレッドを損するだけの行為ではなかろうか。実際に期待値はマイナスである。

本当の意味

話は変わるが、スポーツや将棋、ポーカーなど勝負の世界ではメンタルが重要と言われている。パフォーマンスを出し切るには心の鍛錬も大切なわけで、それは私たちトレーダーも例外ではない。

結論から言うと、両建てはメンタルを保つための重要な技術である、ということだ。

分かっちゃいるが辞められない

頭では分かっているが、心と身体がチグハグな事ってよくあると思う。例えば、禁煙やダイエット、勉強などだ。そして、トレードにもよくある。損切りしなくてはならない、シナリオ通り利を伸ばさなきゃならない。ロットを上げてはならない。マーケットと対峙すると、抑えきれない自分と頻繁に遭遇する。

そのとき、役に立つのが両建てだ。様々なパターンがあるから細かくは説明しないが、共通しているのは、心と行動を一致させるために精神的に楽なポジションへと調整していく点である。

私見だが、メンタルコントロールが完璧ならトレードで勝つなんて容易い事だと思う。ちなみに、私は両建てなんぞ一切行っていない。

< 前の記事 次の記事 >